« フェアリーS予想 | トップページ | 馬場の傾向(2012年2月12日) »

2012年1月15日 (日)

競馬展望(2012年1月15日)

難解ですが。

うーん、難解ですねぇ。

自信がないです。

京都9R 山科S(4歳上1600万、ダ1200m)

逃げ先行、外枠有利のコース。

超Hペースの仲冬Sで逃げて4着に粘ったガンドッグ、アクアラインS2着のトシキャンディ、追い込み競馬になった初日の出Sで先行して4着に粘ったエーシンリードオーの争いとみるが…。

メモリアルイヤーは取り消していました。

中山10R 初富士S(4歳上1600万ハンデ、芝内1800m)

短縮ショック、差し有利と見るが…。

短縮のムスカテール、好調キングカメハメハ産駒の3頭(リヴェレンテ、マコトギャラクシー、フライバイワイヤー)、好調のアカンサスの争いとみるが…。

京都10R 紅梅S(3歳OP、芝外1400m)

上がり勝負になりそう。

阪神JF3着のサウンドオブハートで良いと思われる。

アグネスタキオン産駒だが、少頭数に変わり相手弱化となる。

ただ内枠に入ったので、各馬にマークされたら嫌だが…(揉まれず単騎で先行できたら問題ない)

中山11R 京成杯(GⅢ、芝内2000m)

コースだけなら中枠(5,6枠)が有利。

種牡馬的にみると今の中山で好調のダイワメジャー産駒に注目。

ロジメジャーとマナウスがダイワメジャー産駒。

あとはラジオNIKKEI杯2歳S5着のブライトライン、ホープフルS1,3,4着のアドマイヤブルー、コスモアンドロメダ(6枠)、レッドシャンクスなど。

ただ、どの馬もストレスには注意。

京都11R 日経新春杯(GⅡハンデ、芝外2400m)

上がり勝負は確実。

今の京都は内と逃げ先行有利は明白。

ただ、外回りの2400mでどれほど影響を受けるかは不明。

有馬記念3着のトゥザグローリー中心も、ペース遅くて掛かると嫌だが…(さらにナムラクレセントもいる)

上がり勝負ならディープインパクト産駒の出番で、スマートロビンとダノンバラードに注目。

|

« フェアリーS予想 | トップページ | 馬場の傾向(2012年2月12日) »