« 孝行息子カツラノハイセイコ死去 | トップページ | 菊花賞 前日予想 »

2009年10月17日 (土)

秋華賞 予想

今回はブエナビスタの取捨選択につきます。

ブエナビスタの死角は”あり”と見ています。
ポイントは2つ。

1つ目はローテーションです。
当初はフランスの凱旋門賞に向けて調整していたのですが、札幌記念で2着に敗れ断念した経緯があります。
そこで秋華賞に矛先を変えたわけですが、ここを目標ならローズSを使うはずです。
ただ夏場に札幌記念を使った疲労も考慮してローズSを避けたわけですが、それがどう響くかでしょう。

2つ目は脚質です。
ブエナビスタは追い込み馬のため大外に出して直線に賭けるレースをしていますが、それは直線の長い阪神外回りコースや東京だから出来るのであって、直線が短い京都内回りコースなら距離損が響くはずです。
さらに京都の直線は平坦なので、ハイペースで流れても前が残ります。
ハイペースなら差し追い込み有利じゃないかと思われますが、後ろの馬も脚を使わされるので、そこでスタミナを使うと直線で脚が持たないことになります。

ただブエナビスタに勝ち目がないわけではなく、例年に比べ遅めのペースで流れたら勝つと思います。
例年通りハイペースなら負ける公算が高くなります。

このレースは他のGⅠに比べ特殊で、決め手は必要ありません。
ハイペースを惰性で駆け抜けれる馬が有利です。

ローズS3着の10番クーデグレイスはいかにも粘り込みタイプの感じなので、この馬を本命にしようと思います。
ヴィーヴァヴォドカが淀みのない逃げを打つと思いますので、波乱要素は充分あると思います。

【買い目】

馬連10から総流し。厚めに買うのは1,3,4,5,6,8,16,18

|

« 孝行息子カツラノハイセイコ死去 | トップページ | 菊花賞 前日予想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 孝行息子カツラノハイセイコ死去 | トップページ | 菊花賞 前日予想 »