« ダイワスカーレット フェブラリーS回避 | トップページ | 思い出に残るフェブラリーS 1996年 ホクトベガ »

2009年2月15日 (日)

リーチザクラウン きさらぎ賞を制す!

逃げ切り圧勝劇で、クラシック候補に名乗りをあげました。

抑えて控えるのではと思われていたのですが、無理に抑えず逃げの一手に出ました。
道悪だったし、引っかかる馬にとっては好条件だったようです。

武豊騎手のインタビューで、インタビュアーが「控えようとは思わなかったのですか?」と質問すると、武豊騎手は「逃げたらダメなんですか?」と絶好の切り返しをしてきました。
メンバー見たら逃げ馬いないのは一目瞭然なんだから、インタビュアーのこの質問はないでしょう。

|

« ダイワスカーレット フェブラリーS回避 | トップページ | 思い出に残るフェブラリーS 1996年 ホクトベガ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ダイワスカーレット フェブラリーS回避 | トップページ | 思い出に残るフェブラリーS 1996年 ホクトベガ »