« 中山金杯はアドマイヤフジが押し切る | トップページ | JRA年度代表馬 ウオッカ »

2009年1月 4日 (日)

調子に乗って京都金杯予想

本日儲けた分を全額ブチ込むようなことはしませんので(笑)

↓(本命は?)

◎5  ファリダット
○2  マルカシェンク
△13 バトルバニアン
△9  シゲルフセルト

【見解】

近2走で連対実績のある馬が4頭しかいない。
その中でも戦ってきた相手と実績を考えるとファリダットとバトルバニアンの2頭が好調といえる。
上位に取るのはファリダット。
阪神内回りでゴチャゴチャしやすく仕掛けが早くなる阪神芝1400mより、直線が長くばらける京都芝外1600mの方が向きそう。
芝1400m→芝1600mの距離延長も父キングマンボなら問題ないはず。
マルカシェンクの前走はGⅠなので仕方なし。
内枠に入り経済コースを通れる強みがある。
バトルバニアンは外枠の分、4コーナーで距離損強いられる可能性があるため3番手とした。
穴ならシゲルフセルト。

【買い目】

単勝5,2
馬連5から2,9,13と2から9,13

|

« 中山金杯はアドマイヤフジが押し切る | トップページ | JRA年度代表馬 ウオッカ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 中山金杯はアドマイヤフジが押し切る | トップページ | JRA年度代表馬 ウオッカ »