« 天皇賞秋の予想は | トップページ | 歴史に残る天皇賞秋 ウオッカが勝利 »

2008年11月 2日 (日)

天皇賞秋 最終予想

こちらよりどうぞ↓

◎2  ディープスカイ
○14 ウオッカ
▲12 タスカータソルテ
△9  アドマイヤフジ
△7  ダイワスカーレット
△15 トーセンキャプテン

【見解】

ダイワスカーレットは脚部不安からの休み明けに不安が残る。
さらにウオッカが先行策を取ることが濃厚で競られる可能性がある。
となればディープスカイが外から飛んでくる可能性が高い。
3歳ダービー馬ディープスカイの鮮度に賭ける。
ウオッカは叩いた上積みがある分ダイワより上に取る。
あとは天皇賞秋と相性のいい札幌記念からのローテでくるタスカータソルテ、勝ち切るまでいかないが真面目に走るアドマイヤフジ、ペリエ鞍上のトーセンキャプテンを少々。

【買い目】

馬連2-14
馬単2→7,9,12,15と14→9,12,15、さらに12→2,14

|

« 天皇賞秋の予想は | トップページ | 歴史に残る天皇賞秋 ウオッカが勝利 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 天皇賞秋の予想は | トップページ | 歴史に残る天皇賞秋 ウオッカが勝利 »