« ディープスカイ&マツリダゴッホ揃って完勝! | トップページ | スプリンターズS 勝ち馬はどんなタイプ? »

2008年9月30日 (火)

スプリンターズSの傾向 勝ち馬の脚質

今の時期に施工変更となった2000年以降の勝ち馬の脚質をみてみます。

2列目は勝ち馬、3列目の”2-1”は、順に3コーナー、4コーナーの位置取りを示します。

2000年 ダイタクヤマト 2-1

2001年 トロットスター 8-10

2002年 新潟開催のため参考外

2003年 デュランダル 15-14

2004年 カルストンライトオ 1-1

2005年 サイレントウィットネス 3-3

2006年 テイクオーバーターゲット 1-1

2007年 アストンマーチャン 1-1

逃げ馬が3頭、3コーナー3番手以内の先行馬が2頭勝っているため、逃げ先行有利のレースです。
差し馬は2頭勝っていますが、枠順は4枠4番と5枠8番。
7枠8枠の大外枠の差し追い込みは軽視と考えていいでしょう。
ただでさえ先行有利の中山コース、差し馬はロスなく経済コースを通れる馬ということでしょう。

|

« ディープスカイ&マツリダゴッホ揃って完勝! | トップページ | スプリンターズS 勝ち馬はどんなタイプ? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ディープスカイ&マツリダゴッホ揃って完勝! | トップページ | スプリンターズS 勝ち馬はどんなタイプ? »