« 天へ駆けたヘビーステイヤー ライスシャワー スランプ編2 | トップページ | 京成杯AH、セントウルS… »

2008年9月13日 (土)

天へ駆けたヘビーステイヤー ライスシャワー スランプ編3

1993年 ジャパンカップ

勝ったのはレガシーワールドですが、ライスシャワーはレガシーワールドに先着したことがありません。
セントライト記念、有馬記念(1992年)、ジャパンカップ、有馬記念(1993年)…。
不思議ですね。

余談で、1番人気のコタシャーンは大外から強襲してきたのですが、デザーモ騎手がゴール板を間違えるという大チョンボ(残り100mのところで追うのをやめてしまった)をやってしまいました。
最後まで追っていると際どかったでしょうね。
脚色を見ると勝っていたのではと思います。

ライスシャワーは次の有馬記念でも大敗、年が明けて京都記念も負けますが、続く日経賞で2着を確保しようやく復活かというところで骨折してしまいました。

|

« 天へ駆けたヘビーステイヤー ライスシャワー スランプ編2 | トップページ | 京成杯AH、セントウルS… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 天へ駆けたヘビーステイヤー ライスシャワー スランプ編2 | トップページ | 京成杯AH、セントウルS… »