« プラス収支に転じるために パート1 | トップページ | みどりのマキバオー OP&ED曲 »

2008年8月30日 (土)

プラス収支に転じるために 馬券は単勝だ!

本日の撮影会でお会いしたカメラマンさんに、「ブログの内容が変わったのですね」と言われました。
見ていただきありがとうございます。

さて本題

私の馬券成績ですが、今年は回収率150%、去年はスッテンテンでボロボロ、2006年は回収率180%強です。
去年は大不振に陥ったものの今年になって盛り返したのはきちっとした理由があります。
馬券の買い方をキチッと定めたことが大きな要因と思っています。

馬券必勝本にしろ競馬新聞にしろ、データ分析は1,2着の連対馬で傾向を探っていますが、データ分析は1着馬に絞るべきと思っています。
馬の能力があるから1着となれますが、2着馬は違います。
たまたま展開が向いたとか、馬場状態がその馬にフィットしていたとか、騎手が2着狙いで乗ったとか、不確定要素がかなりあります。
必勝本や新聞で連対馬の傾向を探っているものがあれば、そのデータを駆使して予想してください。
レース終了後に照らし合わせてみると、1着馬は傾向のほとんど該当すると思いますが、2着馬は該当しない項目がかなりあると思います。
そして次の年にその傾向に手が加えられていきます。
まあこれの繰り返しですね。

私は去年まで2着馬まで考慮して予想していたのを、今年途中から1着馬は何かということを考えて予想したため、成績が好転したと思います。
勝つ馬を考えるのだから、買う馬券は当然

単勝

ということになります。
「1着候補を1頭に絞ることが出来ない」場合はどうするのかは、後日説明します。

|

« プラス収支に転じるために パート1 | トップページ | みどりのマキバオー OP&ED曲 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« プラス収支に転じるために パート1 | トップページ | みどりのマキバオー OP&ED曲 »