« チューリップ賞 | トップページ | 弥生賞 »

2008年3月 8日 (土)

本日のたいちょー(3月8日)

本日はパレットさんへ行くことを検討していましたが、急な頼みごとが入ったため行けませんでした。
具体的には書けませんが、私のHPを見て「えっ、何で?」という違和感を感じていれば、それに関係する事です。

競馬ですが、チューリップ賞は見ごたえありました。
桜花賞にとっておいて欲しかったですね。
逃げるエアパスカルに迫るトールポピー、大外強襲のオディールでハナ差、ハナ差の1,2,3着でした。
いいところにゴール板があったなという感じで、これより前にあればエアパスカルの逃げ切り、後ろにあればオディールの差し切り、どっちにしても2歳女王トールポピーは2着でした。

中山のオーシャンSは圧倒的1番人気(単勝1.7倍)のサンアディユが大きな出遅れで大波乱となりました。

明日は弥生賞(皐月賞トライアル)です。

ここ15年で見ると、弥生賞を勝って皐月賞も勝ったのはアグネスタキオンとディープインパクトの2頭のみ。
双方とも2戦2勝の無敗で弥生賞を1番人気で制し、皐月賞も1番人気だったこと。
つまりよほど抜けた馬でない限り、弥生賞と皐月賞を連勝する事は難しいというデータがあります。

※オーシャンSで大きな出遅れをしたサンアディユ号ですが、9日(日)栗東にて疾病を発症し、死亡したと発表がありました。
一部書き込み内容を変更しました。

|

« チューリップ賞 | トップページ | 弥生賞 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« チューリップ賞 | トップページ | 弥生賞 »