« やっと渡せる… | トップページ | 澤香織さん 速報版&新兵器投入 »

2007年9月23日 (日)

思い出に残るオールカマー

本日出掛けますので、競馬はライブで見れません。

本日の重賞は産経賞オールカマーと神戸新聞杯です。

オールカマーといえば、1993年のオールカマーが印象に残っています。
このときの1番人気は天皇賞馬ライスシャワー。
メジロマックイーンを春で打ち負かし、再起をかけるであろうライバルを返り討ちにすべく、まずは秋緒戦に臨みましたが…。

Cimg0876

ハナを切ったのはツインターボ

Cimg0866

ライスシャワーは5番手あたりから。
向こう上面でツインターボが引き離しにかかる。

Cimg0870

向こう上面はご覧の通りツインターボの大逃げ。
場内もざわつき始め、「何馬身ついているのかとても実況では分かりません」とアナウンサーも興奮気味。

Cimg0869

↓(その後どうなる?)

逃げるツインターボ

Cimg0872

4コーナーに差しかかり

Cimg0873

後続が慌てて追いかけるも

Cimg0874

ツインターボの逃げ切り勝ち。
ライスシャワーをマークしていたため他馬の仕掛けが遅すぎましたね。

Cimg0875

ツインターボはこの勝利のため、この後やたらと過剰人気しましたがことごとく人気を裏切り、結局このレースが最後の勝利となりました。
天皇賞秋ではライスシャワーが1番人気、ツインターボが3番人気でしたが、それぞれ大敗、勝ったのはヤマニンゼファーでした。
メジロマックイーンは怪我で不出走、そのまま引退となりました。

ツインターボですが、主戦の中舘騎手によると「上がり3Fは37秒しか出せないが、どれだけペースが速くても37秒出せる」ということらしいです。

|

« やっと渡せる… | トップページ | 澤香織さん 速報版&新兵器投入 »

コメント

このオールカマーはしっかりと頭の中に残ってます。
ツインターボのは前走の七夕賞も同じように勝ってましたね。

投稿: Imai | 2007年9月24日 (月) 06時37分

最近このようなレースをする馬がいなくなっていますね。
大逃げは競馬の醍醐味なんですが…。

投稿: クルーゼ | 2007年9月24日 (月) 07時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« やっと渡せる… | トップページ | 澤香織さん 速報版&新兵器投入 »