« 高山亜子さん | トップページ | ウオッカについて思うこと »

2007年8月 8日 (水)

ウオッカ凱旋門賞断念

ウオッカは故障したため、凱旋門賞を断念したようです。

今にして思えば、宝塚記念が余計でしたね。
ダービー激走の後の古馬一線級との勝負はかなり応えたとしか思えない。

|

« 高山亜子さん | トップページ | ウオッカについて思うこと »

コメント

今年、一番ビックリしたレースがダービー。
宝塚記念のパドックを見たときウオッカが一番強くみえました。
負けたとはいえ、あの苦しいレース内容で強さはたしかだと思いましたね。
ひそかに自分とこに凱旋門賞前にウオッカをUPしようと思ってたのに残念です。
あとは眼が可愛いメイショウサムソンに期待です。

投稿: Imai | 2007年8月 8日 (水) 22時56分

出走すれば勝てると思ったんですけどねえ。
ただ宝塚記念出走を決めた時から嫌な予感がしていたんですよ。
やはりクラシックに出走した3歳馬は夏場は休養すべきでしょうね。
レース勘は凱旋門賞の前哨戦(ヴェルメイユ賞)で戻せばいいわけですし…。

投稿: クルーゼ | 2007年8月 8日 (水) 23時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 高山亜子さん | トップページ | ウオッカについて思うこと »