« 阪神大賞典結果 | トップページ | 退院した1D-MarkⅡN »

2006年3月20日 (月)

思い出に残る高松宮記念

今週は高松宮記念(GⅠ)ですが、距離が芝1200mになってGⅠに昇格したのが10年前です。過去10年で思い出に残っているレースは…

1996年フラワーパーク
1998年ワシントンカラー(2着。勝ったのはシンコウフォレスト)

です。1996年は第1回だったのですが、三冠馬ナリタブライアンが出走して物議をかもしたレースでした。馬券はフラワーパークから買い、そのナリタブライアンや馬体が大きすぎて小回り中京不安のヒシアケボノは無視しました。結果フラワーパークの圧勝でした。ナリタブライアンは4着でしたがこの後故障を発症し、このレースを最後に引退しました。いくらなんでもこのレースを出してはいかんでしょう。

1998年の1番人気はシーキングザパールでした。あてにはしていませんでしたので手頃な穴馬を探しておりましたが、ダート馬のワシントンカラーにしました。前哨戦は7着でさらにダート馬のイメージが強かったのですが、経済コースを通れる内枠に入り、しかもこの馬にとって恵の雨も降っていたので思い切って狙いました。相手は雨巧者シンコウフォレスト。レースはエイシンバーリンが引っ張る展開でしたが、直線に入るとシンコウフォレストが抜け出し、ワシントンカラーが内からスルスル伸びエイシンバーリンを交わしたところがゴールでした。シーキングザパールは4着。で…、馬連24.5倍が当たったのはいいのですが…

枠連の方がついとる…(25.1倍)

|

« 阪神大賞典結果 | トップページ | 退院した1D-MarkⅡN »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104714/9180791

この記事へのトラックバック一覧です: 思い出に残る高松宮記念:

« 阪神大賞典結果 | トップページ | 退院した1D-MarkⅡN »