« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月26日 (日)

松永幹夫騎手、有終の美!

まず中山記念ですが、本命のバランスオブゲームが5馬身逃げ切り、単勝と馬連が的中しました。

それよりビックリしたのが本日で引退する松永幹夫騎手が阪神メインレースの阪急杯(GⅢ)で穴をあけ(ブルーショットガンで1着)、最終レースでも勝ち、通算1400勝を達成した事です。これこそ本当に有終の美ですね…。松永幹夫騎手は牝馬でGⅠ6勝をあげていますが、一番印象に残っているのは、

1996年ファビラスフインの秋華賞

です。この世代には私の牝馬3強の1頭エアグルーヴがおり、彼女が出ていたら何らかの形で馬券を絡ませたのですが、秋華賞が唯一1円も馬券を買わなかったレース、すなわち

浮気をしたレース

でした。この前日にダービー馬フサイチコンコルドが普通のOPレースに出走してきたのですが、逃げ馬メジロスズマルに5馬身ぶっちぎられました。この時2馬身追走していた7歳馬をやっとこさ交わした2着、そして時計も速かったので尋常じゃない超高速馬場と判断しました。「エアグルーヴはやばい」と考え、本命を先行力のあるスピード馬に変更しようと思いました。それがNHKマイルC1番人気で大惨敗(14着)したファビラスラフインでした。この馬を本命にする怖さもありましたが、牝馬と相性の良い松永幹夫騎手ならやってくれると信じていました。結果1000m通過が58秒7という超Hペースで先行しながら(3番手)、直線でもスピードが落ちず追い込んできたエリモシックを振り切り快勝しました。私は単勝1880円、馬連15500円が的中しました。エアグルーヴはレース中の骨折もあり10着惨敗でした。エアグルーヴが伸びず悲鳴が響く中、「行け!!! そのままやーーー、ファビラス!!!」と叫び、的中して喜んでいたのは周りを見渡しても私だけでした。

松永幹夫騎手は調教師試験に合格しておりますので、来年開業となるはずです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月25日 (土)

中山記念

ダート→芝替わりと先行馬の距離延長、そして得意の中山芝1800mということで

◎バランスオブゲーム

3年前の同レースで重馬場2着があり、雨でも大丈夫だろう。59kgも大丈夫だろうが、心配はジョッキーか…。あとはダンスインザモアに期待。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月24日 (金)

的中したのに降着でゴミとなった中山記念の馬券

今週行われる中山記念(GⅡ)は相性抜群のレースですが、1つだけ悔しい思いをしたレースが…。

1994年ケントニーオー降着

というのがありました。馬券はサクラチトセオー、マーメイドタバン、ケントニーオーを買っていました。レースはサクラチトセオー(小島太騎手)が1着、2着にケントニーオー(蛯名騎手)が入り馬連が的中して喜んでいたのですが、ケントニーオーがフジヤマケンザンとマーメイドタバンの進路を妨害したため5着に降着となり、的中した馬券がパーになりました。ちなみに1着のサクラチトセオーも進路妨害(降着なし)していたため、なんとも後味の悪いレースになったということを憶えています。降着のケントニーオーにかわり、繰上げでフジヤマケンザン(岡部騎手)が2着となりました。

ちなみに次の年(1995年)、蛯名騎手がフジヤマケンザンに騎乗して前年覇者のサクラチトセオーを交わし1着となり前年の屈辱を晴らしましたが、蛯名騎手が前年邪魔をした馬はフジヤマケンザンでした。あとこの年(1995年)のレースもウインドフィールズがマッドネスオーの進路を妨害したため降着となっています。脚色は完全にサクラチトセオーやフジヤマケンザンよりマッドネスオーとウインドフィールズの方が良く、後者2頭で決まったと思ったのですが、ウインドフィールズが急に斜行してマッドネスオーとぶつかってしまい、2頭ともよろけてしまったところでフジヤマケンザンとサクラチトセオーが漁夫の利を得たという感じのレースでした。呪われた2年間の中山記念でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月21日 (火)

また2着かよ…

フェブラリーS(GⅠ)のシーキングザダイヤはまた2着でした。これでGⅠ2着7回目…。

トリビアの泉みたいに銀の脳5個(GⅠ2着5回)で金の脳1個(GⅠ1着1回)と交換できんかなあ

ちなみに馬連的中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月18日 (土)

フェブラリーS

本命は

シーキングザ”えーかげんにせい”ダイヤ

にしておきます。GⅠ2着が実に6回(統一GⅠ含む)…、このレースに相性のいいペリエでなんとかならんか…。ちなみにメイショウドトウはGⅠ2着5回続けたあと宝塚記念を勝ちました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月17日 (金)

相性が悪いフェブラリーS

いよいよ2006年のGⅠ第1弾フェブラリーSが行われるのですが、このレースとの相性は悪く、

2003年ゴールドアリュールビワシンセイキで決まったレース

しか的中させた事がありません。しかも中山ダート1800mだったし…。通常は東京ダート1600mなのですが、これが意外に曲者でスピード決着となるかスタミナ勝負になるかわからないのです。ヤマ張っては逆の目が出てしまうんですね…。ただGⅡではありますが、

ホクトベガが勝った1996年のレース

は強烈な印象を持っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月13日 (月)

大阪オートメッセのおみやげ

WALD新ストラップ、WALD黒帽、そしてWALDのTシャツ(白)を買いました。

Tシャツのサインは山口憂麻さん、観月美夢さん、志幸千佳さん、谷口優美さん、西嶋マリさんです。
CIMG0059

| | コメント (0)

2006年2月11日 (土)

思い出に残るきさらぎ賞

大阪オートメッセ開催中で忙しいため、きさらぎ賞について簡潔にカキコします。思い出に残るきさらぎ賞は、

1998年スペシャルウィークが勝ったレース
1999年ナリタトップロードが勝ったレース

です。スペシャルウィークはデビュー戦を見て「ダービーを勝つのはこの馬!」と思った馬、ナリタトップロードはサッカーボーイ産駒ということで応援していました。ナリタトップロードは、騎手としてはまだまだというレベルだった渡辺薫彦騎手にGⅠ勝たせたかったというのもありますが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 5日 (日)

左回りなら負けられぬ

共同通信杯(GⅢ)はレベル高そうですが、左回り&広い東京コースに変わるということで

◎ショウナンタキオン

去年のクラシックは1強でしたが、今年は全体のレベルが高そうでワクワクしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 4日 (土)

フサイチリシャール登場

明日の競馬ですが、東京で共同通信杯(GⅢ)が行われます。注目は2歳チャンプのフサイチリシャールですが、他にもショウナンタキオン、アドマイヤムーンとメンバーが揃いました。フサイチリシャールは何故この時期に?なんですが、どうやら陣営は春の三冠(皐月賞→NHKマイルC→日本ダービー)を狙っているらしく、3月に使うと間隔が詰まるのでここから皐月賞へ直行するらしいです。しかし共同通信杯からの皐月賞直行は結構こけています(思いつくだけでもジャングルポケット、サクラスピードオー)。果たしてどうでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

掲示板公開を再開しました

スパム投稿に悩まされた掲示板ですが、ようやく再開できました。今後は掲示板での書き込みをお願いいたします。

| | コメント (0)

画像UPのお知らせ

HPに以下の画像をUPしております。

12月11日Anniversary撮影会 坂間恵さん
1月15日Anniversary撮影会 長沢美樹さん
TOPページ アスラン・ザラとイザーク・ジュールのランダム

http://klueze.photo-web.cc/

| | コメント (0)

2006年2月 3日 (金)

例のブツ到着!

注文していた例のブツが到着しました。これはガンダム関係になりますので、以下のブログへアクセスしてください。

http://klueze.seesaa.net/

ついでにマイHPのTOP表紙にしています。

http://klueze.photo-web.cc/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 2日 (木)

例のブツ

能勢恵利子さんやtoshihikoさんも注目している例のブツですが、amazonよりメールが来まして発送しましたとの事。明日には届くと思います。

次回画像UPとともに面白い事が起きると思います…たぶん!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 1日 (水)

10万円1点勝負した共同通信杯

ナリタブライアンやジャングルポケットがここを勝ち、後にダービーを制しましたが、私が印象に残っている共同通信杯は、

1998年のエルコンドルパサーが勝ったレース

です。これには面白い話があります。前日の予想はエルコンドルパサーとハイパーナカヤマにしておりました。双方ともダートで他馬をぶっちぎるレースをしていまして芝は未知数でしたが、まあ大丈夫だろうと思っていました。そして当日阪神競馬場に行ったのですが、東京競馬場が雪でこのレースが芝からダートに変更になったことを知りました。ダートならこの2頭で間違いなし!と思いましたが、財布の中は2万円ちょっとしか持ってきていませんでした(あまり賭ける気はなかった)。しかしここは勝負と見て、

いったん家に戻り(もちろん電車で)キャッシュカードを取りに帰って10万円下ろしてきました。

勝負はエルコンドルパサー-ハイパーナカヤマの馬連1点10万円勝負!

結果は双方が他馬をぶっちぎり、1着エルコンドルパサー2着ハイパーナカヤマで入線しました。馬連200円なので、20万円戻ってきました。

エルコンドルパサーはその後NHKマイルCとジャパンカップを制し、フランスGⅠのサンクルー大賞を勝ちました。しかしハイパーナカヤマの方はその後の成績が頭打ちとなり、オープン馬にならぬまま引退しました。エルコンドルパサーは既に死んでおり、この世にいませんが、馬券の相性は良く、大好きな馬でした(馬体も好きだった)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »