« WSJS初日 | トップページ | 岩田康誠騎手(兵庫)が大逆転優勝 »

2005年12月 3日 (土)

思い出に残る阪神JF

明日は2歳女王決定戦である阪神ジュベナイルフィリーズが行われますが、前身である阪神3歳牝馬Sも含め、思い出に残っているレースといえば…

ヒシアマゾンが勝った1993年
アインブライドが勝った1997年
ティンガーが勝った1998年

です。ていうより、

全部阪神3歳牝馬Sです(笑)

ヒシアマゾンの強さは桁違いでした。私の中で最強の牝馬ベスト3に入っています(残り2頭はノースフライトとエアグルーヴ)。今回WSJSに出場している中舘騎手に初GⅠをもたらしてくれました。

アインブライドは馬券を取ったということで憶えていますが、その1ヶ月前に雑誌「競馬ゴールド」で連載していた”男”清水成駿のコラムで、清水氏がアインブライドを取り上げていました。「橋本内閣(当時)の金融政策失敗で馬が売れなくなり、隠れた素質馬がJRAに安く買い取られて抽選馬となっている。その1頭がアインブライド」みたいなことを書いていました。だから本命にしたわけではないですが、清水氏の男のコラムが記憶に残っています。じゃあレースは関係ないんかいと言われればそうでもなく、古川騎手のロスなく騎乗したファインプレーが光っていました。

スティンガーは万馬券を取ったということで憶えていますが、逃げ馬2頭が暴走気味に飛ばし、1番人気のゴッドインチーフがモロに不利を受け、後ろにいた2頭がそのまま追い込んだだけというレースでした。”万馬券”ということで憶えています。

他にテイエムオーシャンが勝ったレースや、ヤマニンシュクルが勝ったレースも印象に残っています。

|

« WSJS初日 | トップページ | 岩田康誠騎手(兵庫)が大逆転優勝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104714/7448352

この記事へのトラックバック一覧です: 思い出に残る阪神JF:

« WSJS初日 | トップページ | 岩田康誠騎手(兵庫)が大逆転優勝 »