« ディープインパクト敗れる! | トップページ | 東京大賞典結果 »

2005年12月25日 (日)

ディープインパクトの2着について

は、悲観する内容ではないと思います(怪我をしていないという前提で)。むしろよく2着に来たということでしょう。

まずSペースのため、展開の不利がありました。
次に馬体重ですが、過去10年の連対馬を見ても、馬体重が490kg以上の馬がほとんどであり、最低馬体重はマヤノトップガンの458kgでした。ディープはこれより遥かに下回る440kgなので、馬体重の不利もありました。
そして一番肝心な事は、1,3,4着馬は「古馬GⅠ常連組」だったことです。自分はディープを含めた「新興勢力」に期待したのですが、グラスボンバーは9着でした。古馬の常連組有利なレースでただ1頭2着に奮戦したわけですから、普通なら「評価」となるはずです。しかしこの馬は「負け」が許されなかったというのが不運でした。ディープには「古馬相手によく頑張った」とねぎらいの言葉をかけてあげたいです。

ちなみに5頭馬連BOX買いしたのは、「ディープに不安要素あり」と判断したからです。タップは主観が入りましたが、他はどちらかというと「鮮度」があった馬です。本日のレースに「鮮度」は不要だったようです。

|

« ディープインパクト敗れる! | トップページ | 東京大賞典結果 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104714/7825532

この記事へのトラックバック一覧です: ディープインパクトの2着について:

« ディープインパクト敗れる! | トップページ | 東京大賞典結果 »