« ナムラコクオー引退 | トップページ | 間に合わん!!!…かも »

2005年12月 8日 (木)

思い出に残る朝日杯FS

今週のGⅠは2歳王者決定戦の朝日杯フューチュリティステークスです。前身である朝日杯3歳Sを含めてどのレースが印象に残っているかというと…

ナリタブライアンが勝った1993年
バブルガムフェローが勝った1995年
グラスワンダーが勝った1997年

のレースです。

ナリタブライアンは言うまでもなく後の三冠馬ですが、後続をグングン引き離すレースは圧巻のひと言に尽きます。このレースは三冠馬誕生を予感させるものでした。

グラスワンダーも他馬を寄せ付けない派手な勝ち方をする馬でした。ただ残念ながら外国産馬なのでクラシックには出れませんでした(現在は可能)。まあその前に故障してしまいましたが…。2着は後のスプリンターズSを勝つマイネルラヴですが、子供扱いしていました。

ただ私的にはバブルガムフェローのレースが一番印象に残っています。旋風を巻き起こしたサンデーサイレンスの2年目の産駒ですが、この馬は勝ち方が地味でした。ナリタブライアンやグラスワンダーのようにぶっちぎるタイプではなく、接戦には強く、並んだら抜かせないという根性のある馬でした。このレースでも3コーナーから一気に武豊騎手のエイシンガイモンが捲りをかけて4コーナーでバブルガムフェローをかわし、直線で突き放しにかかりましたが、中山の急坂を上ったところであっさりとバブルガムフェローが差し返し、3/4馬身の差をつけて勝ちました。このレースを見て”ダービーはこの馬”と思ったのですが、その後故障をしてクラシックは棒に振りました。しかし4歳(現3歳)で古馬GⅠの天皇賞秋に挑戦、マヤノトップガンやサクラローレルとの叩き合いを制して勝利しました。

|

« ナムラコクオー引退 | トップページ | 間に合わん!!!…かも »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104714/7531515

この記事へのトラックバック一覧です: 思い出に残る朝日杯FS:

« ナムラコクオー引退 | トップページ | 間に合わん!!!…かも »