« See-Saw最高! | トップページ | やっぱりかい! ジェットストリームアタック »

2005年8月 6日 (土)

函館2歳S

データ派にはやりずらい2歳戦ですが、この重賞はある程度検討がつきます。過去5年連対馬10頭を見てみると…、

1、ローテーションは7頭が中3週以上。1,2番人気に推された中2週未満の馬は全滅してる。中1週で連対した馬は3頭いるが、3頭全てキャリア2戦以上かつ2走連続函館芝1200mを使っていなかった(すなわち過去2走のうち芝1000mやダート1000mを挟んでいる。これは馬が同じ条件ばかり走らされているとうんざりしてくるのではと思われる)。

2、キャリアは1戦1勝の馬がいたり、2戦以上の馬がいたり様々。キャリア1戦の馬の場合、ダート1000m勝ちの馬は危険。また1と被るが芝1200mや芝1000mを勝った後の中1~2週は危険。最低中3週は開けておく必要がある。同じく被るが2走連続函館芝1200mを使っている馬も危険。

3、ラベンダー賞を使っている馬で連対したのは2頭。2頭ともラベンダー賞2着馬で2走前が芝1200m以外の条件を使われていた馬。1着馬は凡走する可能性が高い。1999年にエンゼルカロがラベンダー賞→函館3歳S(当時)を連勝したことがある。この馬は2走前地方ダートを使っているカク地馬だった。それでも2002年のフジノタカネが連を外しているので、カク地だから買いとまではいかない。函館3歳Sを含み、函館2歳Sがこの時期になってラベンダー賞で連を外した馬の巻き返しはない。

4、芝未出走馬は2002年のトーホウアスカのみ。ただしこの馬は阪神ダート1200mからの挑戦だった。函館ダート1000mから勝ちあがった馬は芝経験が欲しいところ。

ここまで絞ると残ったのが人気のアドマイヤカリブとチアズガディスになってしまった。仕方がないのでこの馬連1点にします。最近逆のパターンになりがちなので、そろそろ嵌って欲しいです。

馬連5-11

|

« See-Saw最高! | トップページ | やっぱりかい! ジェットストリームアタック »

コメント

管理者様へ。新しく書いたブログの内容を告知させて頂くサイトを立ち上げました。宜しければ、ブログ更新の際に是非当サイトをご活用下さい。尚、ご興味無いようであれば、お手数ですがコメント削除の程、宜しくお願い致します。

投稿: BC7管理人 | 2005年8月13日 (土) 17時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104714/5335500

この記事へのトラックバック一覧です: 函館2歳S:

« See-Saw最高! | トップページ | やっぱりかい! ジェットストリームアタック »