« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005年8月24日 (水)

「vestige」がオリコン1位

「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」挿入歌の「vestige-ヴェスティージ-」(T.M.Revolution)が福山雅治さんを振り切りオリコン1位となりました。TMは「ignited-イグナイテッド-」に続き1位を獲得しました。やっぱガンダムの力はすごいですね。デビュー曲でオリコン1位を獲得した高橋瞳は、今回の新曲振るわなかったらしいし…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月22日 (月)

イザーク&ディアッカ

昨日の続きです。久々にイザークとディアッカが登場しました。前作のキャラなので控えめではありますが、やはりキラ達もこのように扱って欲しかったですね…。ミーア&ラクスの演説を聞いていたイザークですが、前作よりガキっぽく感じています。傷があったほうがいいかな。

ディアッカが搭乗していたブレイズザクファントムはMIAで発売されます(来月と聞いています)。イザークのグフイグナイテッドは従来品のカラー違いだけなので、プラモかMIAで出るのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月21日 (日)

二人のラクス

「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」第44話です。ここでは主にデュランダル議長、レイ、ネオ、ラウ、ムウの動きを追っていったつもりですが(そうでもなかったですが)、この話では彼らが一気に出てきました。

レイ・ザ・バレル
レイがデュランダル議長に対し絶対的な忠誠心を持っているのは、「デスティニープラン」によるものだということでしょう。レイが実験台になり遺伝子操作を受けたということでデュランダルに忠誠を誓わされたということだと思います。

ギルバート・デュランダル議長
「いったい何が起こったというのだ!」はもはや口癖ですね…。デュランダル議長の考えている「戦争のない世界」は、人類を遺伝子操作して「運命」を生まれた時に決定させ、それにそぐわない人間は淘汰、調整、管理するということらしいです。

ネオ・ロアノーク
いつのまにかマリューの傍にいてます(笑)。黒の軍服からオーブの軍服に変え、ムウ同様腕まくりしています。何かモビルスーツ与えるのでしょうか。ひょっとしてストライクを与えてムウの記憶を蘇らせるのか?

ラウ・ル・クルーゼ
前作の回顧で登場。前作ではコロニーメンデルで仮面が取れたときは素顔は映らなかったのですが、第29話で素顔を映しているので今回は素顔を映しています。第29話でもそうだったのですが、やはり素顔は謎のままがよかったです。

それにしてもネオとメイリンがアークエンジェルにいても違和感なくなってきましたね。

| | コメント (1) | トラックバック (4)

2005年8月18日 (木)

明日はガンダムデー

明日19時半よりBS11chで9時間半に渡り「機動戦士ガンダム」の1,2,3が放送されます。ファーストガンダムの劇場版ですが、やはりSEED世代に是非見て欲しいですね。全てのガンダムの原点ですから…。この前出てきたドムの「ジェットストリームアタック」もあります(もちろんこちらが元祖です)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月17日 (水)

vestigeの補足

「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」挿入歌の「vestige-ヴェスティージ-」ですが、CODYさんも言われている通りCDには年末発売予定のT.M.Revolutionベスト版の収録曲をリクエストできる告知シートがあります。URLへアクセスし、パスワードを入れて曲を選ぶだけです。ハンドルネームを記載し、選んだ理由も書いた場合、その曲が収録されると自分のコメントが載る可能性があります。

自分が選んだのはやはりフリーダムが初登場した時に流れた「Meteor-ミーティア-」です。アークエンジェル不利の状況で登場し、イザークのデュエルをあっさり退けたシーンは忘れられません。というより敵方のZAFTにもキラがサイクロプスに対し注意を促したシーンの方が印象に残っているかな…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月16日 (火)

vestige

「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」挿入歌の「vestige-ヴェスティージ-」(T.M.Revolution)を購入しました。初回特典品なのでもちろんハイネ・ヴェステンフルスのIDカードが付属しています。結局IDカードはシンにはじまり、アレックス(アスラン)、ネオ、レイ、イザーク、ディアッカ、アスラン、ステラ、キラ、ラクス、ハイネと全て揃っています。来月発売の「焔の扉」(FictionJunctionYUUKA)にもつけて欲しいですね。

T.M.Revolutionも10年ですか…。初めて彼の曲を聴いたのはアニメ「るろうに剣心」のエンディングテーマソングだったと思います。その後ダウンタウンの番組で彼を見ましたが、「なんやこの兄ちゃん」というのがはじめて見た感想でした。ただ悪い印象は持たなかったです。浜ちゃんの「一人やのにT.M.Revolutionって、自分恥ずかしいで!」というのが印象に残っています。今や歌の世界も若年化がもてはやされている時代…、しかし出てはすぐに消えという世界で10年間やってこられたのは立派です。デビュー当初から輝きの失せない西川貴教さんをこれからも応援していきたいです(同じガンダムファンとしても)。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005年8月15日 (月)

レイとネオ

「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」も第43話となりました。しかしながら気になることがあります。

それはレイとネオの関係です。ネオはムウ・ラ・フラガなのですが、物語の当初は互いに共鳴し合っていました。その後ネオはアークエンジェルに保護され、一旦は釈放されましたが、アークエンジェルに加担し結局戻ることになりました。一方レイはレジェンドガンダムをデュランダル議長から与えられています。このままだとネオの乗るモビルスーツがありません。何かあるかもしれませんが…。何故二人が共鳴しあっていたかは何となく分かりますが、この二人でキチッと決着をつけて欲しいと思います。でもちょっと無理そう…。

来週はディアッカがブレイズザクファントムに、イザークがグフイグナイテッドに乗るようです。しかし地球連合軍も奥の手を持っている感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月14日 (日)

クイーンS

忙しかったので、いつものデータは作っていません。

クイーンSですが、条件戦からの上がり馬、3歳馬が好走しています。となると気になるのはディアチャンス、コアレスパティオ、デアリングハートです。思い切ってこの3頭の馬連BOXとディアチャンスとコアレスパティオの単勝、複勝で行きたいと思います。

馬連7-10,7-14,10-14 単複10,14

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月 9日 (火)

やっぱりかい! ジェットストリームアタック

先週の「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」です。

ドムトルーパーが登場しました。キャラはどう考えても悪役面なのですが、アークエンジェルの味方です。そしてやっぱり出ました、ジェットストリームアタック!。SEED世代はジェットストリームアタックは知らないと思うのですが、ファーストガンダム世代は誰もが知っていまして、アムロのガンダムがドムを踏み台にして「俺を踏み台にしたー!?」は名言となっています。地上圏でもドムの機動力はずば抜けていますね。でもドムにビームシールドは必要なのでしょうか(まあ必要でしょうけど…)。ジェットストリームアタックをやるぐらいなら、ファーストガンダムのドム同様シールドなしのドムトルーパーを描いて欲しかった気もします。自慢の機動力でかわして…。

ネオはアークエンジェルから解放されましたが、連合が総崩れ状態なので戻る所がなくアークエンジェルに加担した形となりました。しかし前作のディアッカ、今作のメイリンもそうなのですが、アークエンジェルっていつも簡単に誰でも受け入れてしまいますね。アークエンジェルは無所属とはいえ現実では考えられないです。振り返るとキラやミリアリアもそうか…。

ラクスはモビルスーツを操縦できんの?。まあ帰還するだけならコンピュータ制御で出来ないこともないか…。

いよいよ来週はアスランのインフィニットジャスティスの活躍が見れます。でも怪我していて歩くのもままならないのに?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月 6日 (土)

函館2歳S

データ派にはやりずらい2歳戦ですが、この重賞はある程度検討がつきます。過去5年連対馬10頭を見てみると…、

1、ローテーションは7頭が中3週以上。1,2番人気に推された中2週未満の馬は全滅してる。中1週で連対した馬は3頭いるが、3頭全てキャリア2戦以上かつ2走連続函館芝1200mを使っていなかった(すなわち過去2走のうち芝1000mやダート1000mを挟んでいる。これは馬が同じ条件ばかり走らされているとうんざりしてくるのではと思われる)。

2、キャリアは1戦1勝の馬がいたり、2戦以上の馬がいたり様々。キャリア1戦の馬の場合、ダート1000m勝ちの馬は危険。また1と被るが芝1200mや芝1000mを勝った後の中1~2週は危険。最低中3週は開けておく必要がある。同じく被るが2走連続函館芝1200mを使っている馬も危険。

3、ラベンダー賞を使っている馬で連対したのは2頭。2頭ともラベンダー賞2着馬で2走前が芝1200m以外の条件を使われていた馬。1着馬は凡走する可能性が高い。1999年にエンゼルカロがラベンダー賞→函館3歳S(当時)を連勝したことがある。この馬は2走前地方ダートを使っているカク地馬だった。それでも2002年のフジノタカネが連を外しているので、カク地だから買いとまではいかない。函館3歳Sを含み、函館2歳Sがこの時期になってラベンダー賞で連を外した馬の巻き返しはない。

4、芝未出走馬は2002年のトーホウアスカのみ。ただしこの馬は阪神ダート1200mからの挑戦だった。函館ダート1000mから勝ちあがった馬は芝経験が欲しいところ。

ここまで絞ると残ったのが人気のアドマイヤカリブとチアズガディスになってしまった。仕方がないのでこの馬連1点にします。最近逆のパターンになりがちなので、そろそろ嵌って欲しいです。

馬連5-11

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年8月 2日 (火)

See-Saw最高!

「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」第4クールエンディング曲である「君は僕に似ている」を購入しました。やはりラストを飾るすばらしい曲です。

TV版とは少し違っていて、TV版では「僕はきっと満足しないはずだから 僕が選んだ今を生きたい」ですが、CD版では「僕はきっと満足しないはずだから うつろに横たわる夜でも 僕が選んだ今を生きたい」になっています。まあTV版で「うつろに…」がカットされているということなのですが…。

B面の「静寂はヘッドフォンの中」も良く、こちらの方が梶浦色がでています。「君は僕に似ている」はSee-Sawらしいですね。

梶浦由記さんは海外でも活躍されており、評価も高いです。日本ではアニメとゲーム音楽に偏っていますが、いつかこの国でも本物が評価される時が来て欲しいものです。キャラクターIDカードはありませんでしたが、そんなことは気にならないすばらしい曲です。来月発売の「焔の扉」(FictionJunction YUUKA)にも大きな期待がかかります。できればカガリのIDカードをつけて欲しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年8月 1日 (月)

また総集編かよ…

「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」第41話は総集編でした。その前の予告編とタイトルでたぶんそうだろうなと思っていました。もううんざりというファンも多いでしょうが、百歩譲ってやるにしても、タイミングが悪すぎます。前週でシンのデスティニーとカガリのアカツキが今まさに激突せんという時にやってしまうのはいかがなものかと思います。ひと段落ついたときにやるべきでしょう。ちょっと水を差してしまった総集編かなと思います。

それとアスランの視点、キラの視点の総集編というのも?ですね。主役はシンで、ただでさえ出番の少ない主役なのにこれはないでしょう。ただ相手をぶっ潰していたシンがどのような人間的成長を遂げているかを楽しみにしているファンは多いはずです。もう終盤なのに、シンはパイロットとしての腕は上げているにも関わらず人間的成長が感じられません。未だに「オーブはオレが潰す」と言っているのですから…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »