« ラジオたんぱ賞&函館SS 予想 | トップページ | マーメイドS 展望 »

2005年7月 4日 (月)

シーザリオ米GⅠ制覇&昨日のレース回顧

シーザリオがアメリカンオークスを圧勝しました。朝グリーンチャンネルを見ていたのですが、3コーナーで先頭に立つと直線に入って他馬をぶっちぎり、結局4馬身差で圧勝しました。今まで遠征した馬はアメリカ独特の流れについていけず後方のままという期待はずれが多かったのですが、この馬は違っていました。3コーナーからは興奮してみていました。

函館スプリントSは「重賞経験豊富な馬(連対経験は必要なし)」「前走凡走している馬」を中心に穴馬を探していましたが、人気馬が切りにくく、シーイズトウショウも前走1着でもOP特別で馬体重もプラス4kgならギリギリOKなので難しかったです。上記に当てはまる馬は結構いたのですが、3歳馬、前走ダートもしくは条件戦使っている馬を除き、さらに古馬重賞3回目以上の馬に絞るとゴールデンロドリゴ、ナイトフライヤー、プレシャスカフェ、ボールドブライアンの4頭のみでした。ただ「前走凡走」は重賞のことであって、OP特別なら1着でもOKなので、シーイズトウショウも含めると5頭になりました。そして3歳馬も注意しないといけなかったです。それよりシーイズ-プレシャスの組み合わせは馬連で3.5倍だったので買い方が難しく、何頭か強引に切ったのですが、それがよりによってボールドブライアンだったということです(これはやってはいけないのですが、どうしても利益を考えてしまいます…)。3歳馬は2002年のサニングデールが連対していますが、全重賞回数は2回目でした。ディープサマーは全重賞7回目、フェリシアは全重賞5回目だったので、3歳馬は「鮮度」の方が重要かもしれません。

ラジオたんぱ賞は重賞経験の少ない「鮮度」重視にしたため、馬連には絡んでくれました。内が残るならワンダーマッハー、外差しならトーセンロッキーと見ていて、2頭の単勝は買っていたのですが、トーセンロッキーは2着でした。

|

« ラジオたんぱ賞&函館SS 予想 | トップページ | マーメイドS 展望 »

コメント

トラックバックをしていただいた皆さんありがとうございます。
シーザリオは強かったですね。
是非ブリーダーズカップに出て欲しいですが、ターフにまわっても勝てるんじゃないかと思ってしまいますね(笑)

投稿: クルーゼ | 2005年7月 5日 (火) 19時25分

こんにちは。
トラックバックありがとうございます。

ユーイチの好騎乗が光ったレースでした。
スローを想定して先団につけ、
後は馬なり、直線ではあの瞬発力を披露。
あれで後続馬が差してきたら化け物です。
だって前を走っていたのは本物のバケモノでしたから(^^ゞ

投稿: でんでん | 2005年7月 5日 (火) 19時56分

もちろん福永騎手の好騎乗も光りました。

投稿: クルーゼ | 2005年7月 5日 (火) 20時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104714/4826489

この記事へのトラックバック一覧です: シーザリオ米GⅠ制覇&昨日のレース回顧:

» ユーイチ&シーザリオ、痛快なアメリカンオークス勝利 [ちょっとだけ勝手に言わせてもらいます(Blog版)]
 競馬をやっていると痛快な事がある。荒れたレースを的中させた時、強い馬が出て、も [続きを読む]

受信: 2005年7月 4日 (月) 23時19分

» シーザリオ、日米オークス制覇! [psychedelic horse]
レース映像見たけど、なかなか強い勝ちっぷり! 前走のオークス(日本のオークス)の [続きを読む]

受信: 2005年7月 4日 (月) 23時20分

» 重賞 [馬馬辞典]
重賞重賞(じゅうしょう)とは、競馬の競走の中の目玉となる大きな競走である。重賞の開催は事前から告知を行い、有力馬を集め、お客様を集める為の看板となる競走である。近年はグレード制が敷かれているため、重賞のことをグレードレース(ヨーロッパではグループレース)と呼ぶことも多いが、日本にはいまだグレードのな...... [続きを読む]

受信: 2005年7月 5日 (火) 05時48分

« ラジオたんぱ賞&函館SS 予想 | トップページ | マーメイドS 展望 »