« 安田記念 Part2 | トップページ | 「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」 第33話 »

2005年6月 5日 (日)

安田記念結果

本命のスイープトウショウは2着、勝ったのはアサクサデンエンなので、予想は複勝640円のみ的中という中途半端なものでした。

出走馬の中で”初GⅠ挑戦”が5頭いて、アサクサデンエンはこれに含まれます。よってこのレースは鮮度が問われたといえるでしょう。その中で前走1着馬はアサクサデンエンのみです。やはりGⅠ初挑戦馬は前走1着が基本で、押せ押せの方が期待が高いということでしょう(ただしマイルGⅠの前にマイル重賞1着はダメのようです)。またアサクサデンエンは人気薄だった点(マークされにくい)と、京王杯SCは先行押し切りだった点は来年に向けて注意をしておきたいところです。

さらに”古馬GⅠ初挑戦”まで幅を広げるとカンパニーが加わり、”古馬マイルGⅠ初挑戦”まで広げるとスイープトウショウとダイワメジャーが加わります(ここで8頭)。ダイワはマイルGⅠの前にマイル重賞を使って勝った点がやはりまずく、スイープはOP特別だった点がダイワよりプラスに働いたということでしょう。カンパニーもマイルGⅠの前にマイル重賞を使ったのがまずかったかもしれません。これで今年もマイラーズC組は連対できませんでした。

アサクサデンエンは”GⅠ初挑戦+押せ押せ”の鮮度、スイープトウショウは”別路線”の鮮度と2走前中距離GⅠを使っていた経験がプラスに働いたというレースでした。いずれにしろ問われたのは”鮮度”です。

ちなみにゴールの瞬間は顔面蒼白でした。勉強にはなりましたけどね…。

|

« 安田記念 Part2 | トップページ | 「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」 第33話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104714/4420143

この記事へのトラックバック一覧です: 安田記念結果:

« 安田記念 Part2 | トップページ | 「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」 第33話 »